FC2ブログ
木曜日、19日
現れたパパさんを大歓迎の
ハックン

突然

「キャンキャン!! キャンキャン!!」

左前足が突けなくなって
ぶらぶらさせて
鳴き騒いだとか・・・ 

引っ張ったら治まったから
多分、亜脱臼だろう

パパさん。


留守をしていて翌朝知った
まごまごは
状況が知りたいのだけど

壁にドンと足をぶつけたような・・・
くらいしかわからない。
どこの壁?
ときいてもなかなかちゃんと言わない。

パパさん
ちょっと
気が引ける状況があった?
のかも・・・ (-"-;A

で、
今日になって
何とか様子が聞き出せた。

玄関から入ってきたパパさんに
興奮して跳ねまわる
  ―1年前まで、しょっちゅうポケットからおやつを貰ってた習慣が
    抜けなくて、いつも貰えると期待して大興奮 ~(=^‥^A
ハックンを
落ち着かせないまま
リビングを横切った結果

そばを跳びはねてたハックン
奥の壁に激突・・・
だったらしい

やっぱり~~ ε=( ̄。 ̄;A


痛がるハックンを見て
ポカちゃん
すごく怯えてたそう。

ワンsの
必死なサインに
いつも心痛める
ポカちゃんだから
きっと、
ハックンのことを心配してくれたんだろうし、
思いっきり
心臓バクバクだったことだろう。



取りあえず
気をつけて様子を見ることに。

歩行もまずまず
だからと
土曜日もそのままでいたら

気の毒な
事件が勃発!!


布団を抱えて
2階から下りてきて
扉を開けて
何気なく一歩踏み込んだら

「キャン!」

ハックン
後に跳びすざって
一声

えっ!!

リビングの扉のすぐそばで
ハックンが待ってるのはいつものことなのに
まごまごが
うっかり
前を確かめずに踏み込んじゃったのと、

まごまごに気づくのが
僅かに遅れたハックンの
タイミングが合い過ぎちゃった・・・


位置から考えて
まごまごは
どちらかのつま先を踏んでしまったのかも・・・ (。≧Д≦。)

ちょっと
踏まれたくらいでは
普段
こんな鳴き方はしないし、
もちろん
足が突けないことはありえない。

たぶん
慌てて後ずさりしたとき
同じ左足を、またグキッ・・・


「ごめんごめん
 ハックン、痛かったねえ。」

「おいで。
 痛い痛い、どこ?」

ハックン
ひょこひょこ戻ってきて
浮かせた
左前足を見せてくれる。

様子を見ながら
引っ張って

「大丈夫? 歩ける?」

歩行を確認して、終了。


鳴き声で跳んできた
ポカちゃん



大丈夫かなぁ



まごまごの近くに立って
施術をじっと眺め、
歩行の様子で一安心 \(*^▽^*)/




今は
ベンチやソファーベッドやいすが並んでて
跳び下りる機会の多いリビング。


もし
脱臼が癖になるようなら
見直さなくっちゃ・・・



ちょっと元気がない?



ちいちゃいくせにポカちゃんも
今は
身軽に
跳び乗って
跳び下りてしてるけど
もし故障が出たら
環境を変えなきゃ無理


言ってきかせたって
ぜ~ったい守れっこないものねえ 、ヽ`(~д~*)、ヽ







関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可