FC2ブログ
結構いっぱい歩いてきての
帰り道


20190705 散歩1


こんなことをしていたら

かわいい~

老婦人が近寄って
ポカさんの頭をなでなでして

ダーリンが亡くなって14日めに亡くなった
13歳のヨーキーにそっくり~

って

歳をきかれて
保護犬なのではっきりしないけど
12か13くらい
と言っている間に

ヒョイと
抱き上げた!

あ、
また引き離されるかもって
不安になるので・・・

言いかけるうちに

ウエッ ウエッ

吐きそうなので

急いで
ご婦人の手元から下ろすと
ウエッウエッ・・・して
吐いて
また・・・

ごめんなさい
苦しい思いさせちゃって


頭をなでなで

    そっと
    見守ってくれてる方が助かるのだけど・・・

吐き終わったところで
ポカさんのドキドキを察して
抱っこ


         20190705 散歩2


ガラケーを開けて
ヨーキーさんの待ち受け写真を見せてくれたり
その他の亡くなったワン達の話をしたり

ポカさん
だら~
と抱かれてた

    抱っこの写真は
    後で、ワンsとすれ違った時のもの


20190705 散歩3


おウチに来て6年めだけど
外でポカがよその人に抱かれたの
オフ会のときの仮ママさん     

くるみママさん     ☆☆
二人だけ
トラウマがあまりに強いので

    おウチの中なら
    お客様にも
    抱っこをせがんだりするのだけど


お部屋に戻って
10分程で
まごまごは出なきゃならなくて
ポカさん
いつもはしない
後追いをしかかって
大丈夫だいじょうぶ~

なんとか我慢

お留守番は3時間弱
普段なら
どうということのない長さだけど
帰って来たら
しっかり顔を見つめて吠えてた

遅いよ~!
心配してたんだよぉ!!

不安を我慢してた分だから
すぐは止めずにおく

心配したの
大丈夫、だいじょうぶ
抱っこしよ~
おいでぇ

不安や心配は
べったべた抱っこ    ☆☆☆
に限るものね


ポカさん
お疲れ~
大、大、大ピンチだったねえ









スポンサーサイト
ポカは
大事じゃないんだぁ ((((_ _|||))))ドヨーン


20170803心折れて3


大ショックで
深い深いふちに沈んだポカ


ごめんね~
ハックなかなか終わらなかったから
ポカ
悲しくなっちゃったの

ポカ
大好きだよ~


20170803心折れて4


しばらく
お顔の下に
手を入れられるのも
拒んでるから
そぉっと
頭をなでなでなで (;´▽`A``


5分ほどして・・・


20170803心折れて5


何とか
手を受け入れたので
お顔を上げて


大丈夫、大丈夫
ポカ 大好きだからねえ


でも
まだまだ
安心のお顔にはほど遠い・・・


20170803心折れて6


10分ほど経って

多分
もう大丈夫

踏んで


ポカ
お散歩行こう
ちょっと
待っててね


20170803心折れて7


わざと
一人の間を
少~し つくって・・・

抱っこで
お外に連れ出した


20170803散歩1


まだ
不満げだったけど

今は
一人だけのお散歩だから


20170803散歩2


ポカ
ちょっと満足~ ('-'*)エヘ


それでも
帰ってからも
この日は

まごまごにべったり


         20170803散歩後


触ってて~


いいよ
ポカたん 大好きだよ 
o(*^▽^*)o~♪







体調不良のハクを
気遣って譲ってくれてる
ポカのこころ

ほんとうは
自分だけを見ててほしくて
誰より大事にされたいと思っているんだよね


20170731寝場所1


ポカが一番!!

体質が
変わってるはずはないから

「我慢してくれて、ありがと」

「い~っぱい我慢してるよね、えらいえらい」

「ハック可哀想だからね、いいよ~してくれて有難う」

できるだけ
小まめに誉め誉めしたり

「大丈夫、ポカ だ~い好きだよぉ」

ささやいたり
まごまごも気を遣う (*´∇`*)


20170731寝場所2


誉められるの大好きな
ポカ、
誉め誉めされるから
頑張っちゃってるのかな


それでも
ひと月近くが経って
ポカのこころの中、
いろんな思いが交差してる


台所で
ハクに食べさせようと奮闘していたら
見えないところで

ワン!

ん?
初めて聞く
半分甘えた一声

どうしたぁ?
今行くからね、待っててぇ

急いで
ハクのお世話に一区切つけて
リビングに戻って
きょろきょろ

うんpするよぉ 

だった (*^▽^*)ニャハハ

   チーやうんpがしてあったら
   今でも
   誉め誉めして
   いい子いい子~ して
   うんpなら
   お尻を拭く
   でも、
   「これからするねえ」
   と
   わざわざ教えるのは
   初めて

今まで
一人で駆け込んで済ませてたのに o(^▽^)oキャハハハ


20170801端へ移動


ちゃんと
見ててほしかったんだねぇ (*^-^)ニコ



8月3日の

ケージを確認して
ポカに

うんpしたの、お利口さん
きれいきれいしよ~

嬉しげに
いそいそ早足でそばにきたポカの
お尻を
チョンチョンしてたら
何ごとも起こらなかったはずだけど

たまたま
ハックが寄って来た

あ!
さっき
ハクのゆるpを取った後
お尻の始末をしてなかった!!


ごめ~ん、ポカしゃん
ちょっと待ってて
ハック
先に拭いちゃうからね~


短時間なら
待てたと思うけど
きれいになるまでに
思ったより
長い時間がかかり・・・

終わったら


20170803心折れて1



こうなってた


ポカ
いっぱい待っててくれたんだよねえ
ありがと~
ごめんねぇ~


20170803心折れて2


と言ったら

くるっと寝直して
触られても
一切お顔を上げない・・・


ポカ、
こころが折れちゃった w|;゚ロ゚|w!!

深い嘆きのふちに落ちた    
あの時と
おんなじお顔・・・ ε=(・o・*)




―続きはまた―










夜中に
長女のところから帰宅

パパさんも出かけてたので
お留守番の2ワンs
11時まで待たされて
お腹ペコペコ~


はずだけど


20150924食事拒否1


ポカ
「食べない!!」

食事拒否

うーーん
やっぱり・・・

初めてのときも
2回め
ハンストしたのは
まごまごが
夜中の11時過ぎに帰宅した日だった


以前は
ポカ
扉を閉めて
ケージの中で食べさせてたけど
夏以来
もう大丈夫だろうと
食事どきも開けっ放し

最近は
ケージが空なら
ポカがハクのお部屋に入ってたり
ハクがポカのお部屋を覗きこんだりしてるのも
見かけてる

2ワンs
お互いに
それを見つけても気にしない


だから
普段通り
ケージの入り口近くに置いておいたら
ハクが頭を入れて食べちゃうかも
わからない

だから
エサ入れをケージの奥に移して
ちらちら様子を見ることに


20150924食事拒否2


20分ほど経ったら
ゆっくりだけど食べ始め、
完食~!!

ハンスト3回めは
自分から解決 
よかった よかった (*⌒∇⌒)


食べてしまったら
いつも通り
歯みがきガムをガツガツ食べて

特にベタベタすることもなく
至って普通



寝姿


なんなのかなぁ
ポカのハンストの基準??










通院


朝の多分事故・・・後11回目の通院
ポカの散歩解禁 ヽ(*⌒∇⌒*)ノ


病院の帰り、
お泊りに来る上孫くんを拾いに
長女のマンションに


         病院帰り


助手席には
ハクがいるので


通院の帰り1


後ろのドアを開ける



通院の帰り2


ポカ
ちょっとびっくり~

でも、
知ってる知ってる
なのか、
おとなしく
お隣りに並んで帰った
(・_・ )ヾ(^-^ )



夕方
せっかく解禁になったのだから

上孫くんと一緒に
ちょっぴり
お散歩に行って来た


散歩


ひさ~しぶりだから
慣れてる近所の道でも
くんくんくん
丁寧に丁寧に情報収集



10分くらいの
短いお出かけだったけど
帰って来たら
すぐ


散歩後


ポカ、
すぐ
ペタ~ンしちゃった


ずっとお部屋の中だったんだものねえ
ρ( _ _、)ヾ(^-^;)ヨシヨシ








通院も1週間おきになったので
そろそろいいかなと
大好きなネンネでのお手入れに挑戦

背中を気にしながら
そぉっと
寝かせる


お手入れ1


うん、大丈夫


お手入れ2


ほぼ
2週間ぶりの
お気に入りの恰好に
ポカ
満足そう♪ 

よかったぁ o(〃^▽^〃)o



この日
大好きなおもちゃを
一つ持ってきた


玩具を出した!


多分事故・・・以来
初めて

遊ぶことはなかったけど
おもちゃに興味が持てたのも
良くなった証拠

よかったよかった o(〃^▽^〃)o










金曜日は休診
だから
ハクは、こそっとお散歩に連れてってもらったけど
ポカはお出かけなし




痛くない姿勢を選んでるのか
こんな格好が多いけど


床で1


コルクの床でも、


毛布で


小さな毛布の上でも
けっこう寝ていられるようになった 
よかった よかった (*^-^) 



でも
この格好、


床で2


なんか不自然で疲れそう・・・

で、
ハクも
ちょっと気にしてる?


ちょっと気にして寝る


寝る場所を
少~しポカを意識して選んでるみたい



この日
ちょっぴりだけど
マイベッドに
こうやって寝そべった!


右下@ベッドで1


右側が下になってる!!
できるようになったんだ (*´∇`*)



普通に寝る


ハクも
一安心だねぇ



右下@ベッドで2


ちょっとだけだけど
眠った


僅かな時間だったけど
起き出したら、
体が固まっちゃったのか
背中が痛いのか
均等に足を運べなくて
より一層
ぴょこっぴょこっと歩いてた
 
それでも
右下にしてもいいかなと思えるくらい
良くなってるんだねえ 


ガンバ ヽ(~-~(・_・ )ゝ











  
傷めた当日
人間の夕飯も簡単にして
できるだけ
ずぅーーっと抱っこ


20150802夕方5@夜1



夜中
まごまごに


20150803布団3@お顔乗せたい


お顔乗せたい2


どこかしらでつながって
痛みを耐えてた
ポカ



翌朝
少~し寝た後

「抱いて 抱いて~」

せがむので
抱き上げたら


「キャィーーーン!!!! 
 
 キャィーーーーーン!!!!!」


思わず落としそうになるほどの
ものすごい悲鳴

触れる部分を考えて
気をつけて
抱き上げたのだけど
2度・・・


「痛かったの、
 ごめんねえ」

わざとされたのではないとわかってて
悲鳴をあげても
抱かれていようとする

嬉しいけど
切ない


痛い・・・


   お腹から胸まで体の下側全部を支えて
   水平に持ち上げると
   そんなに痛がらないとわかって
   あとは
   悲鳴を上げられずに抱けるようになった (ー。ー)フゥ


3日め
トトトト

普段の速い足音を立てるようになった

回復は順調


病院の前庭で


2、3分
下ろして
病院の芝生を初体験



ポカの具合と
お部屋の普通じゃない家具の状態とで
迷っていたけど、
3日めの上り調子の様子から
可能と判断、
翌日の来客は
予定通り迎えることにした

馴染みの親子さんなので
ソファーも
必要なときだけ下ろすことにして



来客を予定した4日め
朝は


おねだり


事故後一番のいい調子

よかったよかった


通院後、
ワンsは完全フリーにしたままで
親子さんを駅へお迎え



戻ってきたら

!!!

吠えてはいるけど
ポカ
足を引きずって
様子が変~ (〇o〇;)


総合的に考えると


布団


お迎えに出るとき
お布団を広げておくのもネ

たたんだ

高々12㎝ほど
なので
このくらいなら大丈夫と思ってたのだけど

帰ってきた車の音に
ポン!!
と勢いよく跳び下りて
また
傷めたらしい・・・



元気なく
厳しいお顔で
親子さんが帰るときまで
まごまごが立っても座っても
ずぅーーっと抱かれて
我慢してた



小ちゃなポカには
10㎝だって大きな段差だもんねぇ
完全に
まごまごの判断ミスで
振り出し・・・



ポカ、
また痛い思いさせちゃったね

ほんとに
ごめん (。≧Д≦。)













まごまごの帰宅直後、
歩くのもやっとなのに
ポカ
ソファーの乗り降りをした

四六時中そばで見張ってもいられないし
いざ!のときは
ほぼ 止めるのが間に合わないだろうから


ソファーと椅子


高さのあるダイニングの椅子類を除いて
ソファーの類をみ~んなひっくり返した
脇からの跳び乗り防止も
ストーブでして、
当分
使えない状態に


人間にもだけど
ソファーベッドや椅子でのびのびするのが
大好きなハクにも
協力してもらわなくっちゃ

ハック
ごめんねぇ ヾ(^-^;)


ポカを観ていると
柔らかい場所はダメ
でも、コルク程度でも硬い床もダメ
普段大好きな小さな毛布もイヤ

ぎっくり腰経験者のまごまごとしては
全部
そうだよね~

共感できるから

ふわふわじゃない
硬めのお布団を敷いてみた


布団1


取りあえず
気に入って、すぐ寝そべった


布団2


これでも
今のポカには柔らか過ぎるのだろうけど


布団3


硬い床や
柔らか毛布
よりはマシだったみたいで


布団4


広い布団をあちこちしながらも
下りない



「うーーん  痛・・・」


布団5

布団6

布団7




「痛くて
 寝てられない・・・」


布団8


痛いから前かがみになっちゃうんだねえ 



気の毒で
朝まで添い寝した


一緒1

一緒2


眠れないのは同じだけど、
こうしてる方が
少しは落ち着けるようだったから



ハク
やっぱり何かを感じているようで
布団は
まごまごが寝そべってても
全くそばに来ようともしないで
完全にポカに譲ってた


で、
夜中に
ポカの小ちゃな毛布に
まるまる乗っかってみたり


ポカの毛布で


ダイニングのベンチの下に潜ってみたり


         ベンチの下



普段したことのないことを
あれこれしてる

気の毒になって
ソファーを戻したら


やったぁ


すぐ跳び乗った

ちょっと
ほっとできたかな










お留守番の一番の問題は
威張りんぼポカの教育的指導
ハクがイヤな目に合わされちゃうかもしれないこと

見えるところでなら様子がわかるけど・・・

ポカが不安がらない程度の
短い時間から、
完全フリーのお留守番を徐々に経験させてきた


最近、2ワンsがいい感じになっているので

いよいよ本格的な
完全フリーのお留守番にチャレンジ

時間は
これまでの2、30分から一気に
3時間半ほどに


1時過ぎ、
どうだったかな?
入るときにハクに怒らないといいけど・・・

思いつつ
電子ロックをピッピピ・・・

ん?

ガシャッ
ドアが開いても

ん?

聞こえてくるのは
ハクの声のみ

え?
ポカは??


リビングのドアを開けても

ワンワン!

大騒ぎして跳ね回ってるのは
ハクだけ・・・

!?

????
わけがわからない・・・

留守の間に
ハクとけんか??
ポカが
やられて怪我しちゃった??

まさか・・・
あり得ない想像を打ち消して
とにかく
ポカを探すことに


ケージ・・・
の扉は開いたまま

リビングの中を
あちこち見回しても・・・
いない??

台所は・・・

あ、
いた!!

隅っこに
うつむいて坐ってた!!!
前かがみの体が
信じられないくらい
小さい・・・


ポカ、
ただいま
どうしたの??


のそのそ
出てきたけど、
歩き方が
の・ろ・の・ろ・・・
ただ事じゃない

う~~ん
何があったの?
どこが痛いのぉ?

取りあえず
大好きなドリンクヨーグルトを用意して
様子を見る


いつもなら
冷蔵庫から取り出してラベルをはがす音で
足元に跳んで来るのに
来ない・・・

リビングに戻ると
いつの間にか
ソファーの上に伏せてた

ポカ、飲むよ
ハウス!

ポンと跳び下りた感じは
普段と変わりなく見えたけど、
いつもなら
大急ぎで走ってハウスに跳び込むのに

まごまごのそばを
の・ろ・の・ろ・・・
こんな動きは初めて

飲む意欲は十分で
床に置いた器からしっかり飲んだ


でも
やっぱり普通じゃない


痛い1


大好きなベッドに入るけど
2分といられない


やっぱり
こういうときは

「抱っこ~」


痛い2


だけど、
厳しいお顔で


        痛い4


下りたり


        痛い5


抱かれたり・・・

       

突然、小さく

「ひぃぃ~」


切ない悲鳴が漏れる


痛い3


なんとか
悲鳴を上げないで済むように抱きながら
2時半をひたすら待つ

3時からのN病院の診察に
ハクと一緒に
連れていこう


痛い7



シャンプーが前日で
コートがつやふわだったのに
信じられないくらい
くた~となって、つやもない・・・


        痛い6


ポカ、
お医者さんの時間まで
頑張れ~











朝、
チーよりも
お散歩よりも
前に、事件発生!!



お隣りさんに面した
腰高窓の雨戸を開けるとき
ポカを
蹴っ飛ばした!!!!


徐々に慣れてきたとはいえ、
人の足を警戒する子だったから
ちょっと動いたら当たるところ来ているなんて
まったく想定外~!!



足に当たった感触と当時に
グッ みたいな声がして
慌ててポカが飛びすさった


事態の察しはすぐついたので

「ポカァ、
 ごめん、ごめん!!
 痛かった? 
 おいで~」


前なら
遠くに逃げてブルブルしてただろう場面だけど

今は
「ごめん」

わかってるし、
悲しいとき、恐かったとき
気持ちを癒す場所も知ってる

「おいで」で
走ってくるわけじゃないけど

うずくまった所からそろそろ近づいて
抱っこしてもらって


         蹴っ飛ばされた1


緊張しながらも
下りようとはしないで

小ちゃな頭で
まごまごに何をされたのか、
何が起こったのか、
量ってる


「ごめんねえ
 びっくりしたね、
 痛かった?
 大丈夫だよ~」


蹴とばされた2


表情が変わって来たけど
まだ少し
不安の残るお顔で
量ってる

「ポカ、悪くない・・・?
 まごまご
 怒ってないよね・・・」



どうやら、
怒られたのでもなく
ひどいことされたのでもない

確信できて


        蹴っ飛ばされた3


まんまるお目々になった C=(^◇^ ; ホッ!


「大丈夫?
 びっくりしちゃったねえ
 可哀そ、可哀そ」



やっと
全身を預けてしな垂れて


蹴っ飛ばされた4


お顔を寄せてきた




前は
ただただ逞しさが目立ってたポカだけど
今では
しおらしい姿も しばしば見せる

テーブルの下で跳びはねて
ゴン!
したときも
自分から
抱っこして~~

寄って来る

「可哀そ~
 よしよし
 大丈夫~?」
って
慰めてもらいたくて



今回も、
「足」への恐怖が戻るかと
心配したけど


寝姿


わざとじゃないと
ちゃんとわかってて
引きずる様子は皆無だった

良かったぁ ♪v('∇'*)⌒☆









トトト
トトトトト・・・

うろうろしては
時おり、誘うようにじーーっ


ハンスト6


「こんなに遅くまで待たせておいて、
 なんとも思ってないのぉ?
 普通、もっとおいしいもの出すでしょ、こういうときぐらい!」
なのか、
「ずーーっとお留守番してたんだからさぁ
 お土産ないの?」
か・・・


「え?
 うーーん、ごめん、
 そういう発想は・・・ ない」


前回
何とか食べさせようと
ケージの外で
手に乗せて差し出して
ばら撒かれたので、

今回は
いっさい手に乗せて誘わずに見ていたら


「フン それなら・・・」


ハンスト8


と、
ハンストを続行。

その間、
ときどきベッドから出て


ハンスト9


バラッ
とまき散らしてみたり、
ふん
と匂いを嗅いでみたり・・・



かれこれ1時間以上粘っていたけど、
日付けの変わったころ


やっと食べた


ついに
あきらめて、
いかにも仕方なく
といった風にのろのろのろ・・・

食べて

!!
完食~ ☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!


夜も更けていたので
その後は
すぐ
大~好きな歯みがきのおやつ


ガム2


にしたら、

めずらしいことに
ポカ
自分のケージには飛び込まないで


ガム1



ハクと並んだ
ここに飛び乗って
いそいそと食べてた o(〃^▽^〃)o  




ポカ
ほんとは何を考えてたんだろ??

こんなとき
ポカの本心をきけるといいのに~

いつも思う












まごまごの帰宅が11時近く。
パパさんがまだ帰っていなくて、
ワンs、朝からの長~いお留守番になっちゃってた。

大喜びでお出迎えのハクにも
ケージから出してもらったポカにも
   ―あ、もちろんポカも大喜び 
    わ~い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ~い♪
「お留守番いっぱい、えらかったね、お利口
 いい子~」

誉め誉め。

もちろん
ポカは抱っこ抱っこで
しばらく
なでなでなで、よしよししてもらっての

「ごめんね、 お腹すいたよねぇ、
 ごはん食べよ~」
なんだけど

ハクが食べ終わったのを確認して
ケージを開けに行ったら
ベッドに寝てた。

あら、
食べてない!?
お腹空いてるはずなのに・・・

「ポカ、食べよ~、
 よし!」

言われると


ハンスト1


義理で一口だけ。


ハンスト2


すぐベッドに戻っちゃったり、


ハンスト3


外に出たそうにしたり・・・


初ハンストの日は
充満した焼肉の残り香のせい?
と思ったけど、
二度めのこの日は夕飯の影響はないし??

すぐ前まで至極元気だったのは
この前と同じ

様子を見るしかないと
扉を開け放して
まごまごがパソコンの前に坐ると


ハンスト5


出てくる (;´▽`A``


ハク、
さっさと食べ終えて
ゆ~ったり寝に入ってたけど
眠そうなお顔で
「もう夜中だよ~
 ポカちゃん、どうかしたぁ?」


        ハンスト7





―続く―




ストーブの前の
羊さんやミッキーのマットのそばにも


         拒否9


バラバラ バラバラ  



ケージの側にも


        拒否10


バラバラ


落とした後で
一粒
カリカリすることもあるけど
ほとんどは
散らかすだけ。

うーーむ 何のつもりだろ??



ソファーベッドで
とっくに目を覚まして
ポカちゃんとまごまごのやりとりを
寝そべって見てたハックン

あんまり時間がかかったせいか、
ポカちゃんが手のひらから貰ってるのを
見たせいか、


拒否11


下りてきた。


拒否12


「食べていい?」

どうかなぁ 
ハックンが食べちゃったら
ポカちゃん、自分は食べないくせに怒るかも・・・

「待ってね。 食べないで」

「うん わかった」

首を伸ばせば取れるところにも落ちてるけど
パクッとはしない。


でも、
ポカちゃんは


        拒否13


そうだった!
ハックンに食べられちゃうかも・・・!!

気がついた。


ハックンにやっても
怒らなさそうだったので

まだまだ
かなり残っているポカちゃんの容器から
手のひらに乗せて
2、3粒やったり


拒否15



ポカちゃんが床にバラまいた分を
ハックンに食べさせたら


拒否14



!!!


ポカちゃん


拒否16


食べ始めたぁ~ ヽ(^◇^*)/ 


拒否17



「ハックン 終わるまで待ってて」


拒否18


「はあい」



拒否19


いつもよりゆっくりだけど、
今度は止まらずに
食べて、
何とか完食 ヾ(〃^∇^)ノ~♪



ずっと待ってたハックンに
ごほうび 3粒。

ついでにポカちゃんにも。

「全部食べたの、お利口だね~」

ごほうびを差し出したら、

おんなじモノなのに、
全くためらわずに
ペロリ。


もう~
ポカちゃんたらぁ



最後は
いつも夕ご飯の後にもらう
歯磨きガム。

ポカちゃん
大好物をどうするのか、ぜひ見てみたかったので
そのためにも
ご飯を完食させたかった。

ハックン、協力ありがとねえヽ(゚▽゚*)




ポカちゃん、
ガムを奪い取るようにして持ってって食べてた。


歯磨きガム


ただ
普段より、少しだけ時間がかかった感じ。

歯の調子が悪い?
明日の朝ご飯の様子を見てみよ~。












人間の食事が遅かったので
ワンsの夕飯も遅くなった。

「お待たせ。遅くなってごめんねぇ
 ご飯たべよ~」

誘ったのが10時過ぎたころ。


普段通りの感じだったのに、

もう食べ終わったころ

ケージの扉を開けにいったら



拒否1


あら?
ほとんど食べてない!?


「ポカちゃん、ご飯は?
 食べないの?」


拒否2


!!


「おいで。ほら、ご飯たべよ~」

隙間から
フードをちょんちょん触ると


拒否3


あ、出てきた
食べる気になった?


拒否4


じゃ なかった・・・

それなら、と
離れて
知らん振りしてみたら


拒否5


あら 寝ちゃった。

具合の悪い様子はなかったし、用意する間は喜んでいたわけだし

しばらく
そっとしておいて、様子見。



1時間ほどして
小さい声で

クゥン クン

「食べたのぉ?」

うーむ、食べてない・・・

扉を開けて
手のひらに乗せてお口に持っていっても
食べる気なし。

「じゃ、おいで。
 出ていいよ」


一旦ご飯は取り上げて、
しばらくフリーにして
時間を過ごして

改めて誘ってみると


拒否6


口をつけた! 食べるかも?

・・・やっぱり、拒否。


原因が掴めないのが気になって
   ―夕飯に焼いた牛肉の匂いが部屋にけっこう充満してたので
     いつものフードに抵抗してるのでは?と、実は思ってる (;´▽`
もう少し
付き合ってみることに。



ケージの外で
2、3粒 手のひらに乗せて

「よし!」
 

        拒否7


あ、受け取った!、
しぶしぶ、という感じだけど


思ったら・・・

ぷいと後ろを向いて

バラバラバラ


拒否8


毎回
ちょっと場所を変えて
バラバラ・・・


ええ~~ w(゚o゚*)w
なんなのぉ??

うーーーん
ポカちゃんの意図がわからない  「(ーヘー;)


この辺りで
日付が変わっちゃった (~~~ )ノ










1月のできごと。

ポカちゃんに
新たな事件、勃発!!

カーテンにつかまったぁ~!!!


たまたま来ていた次女が
救出。

席を外していて
まごまごは
直接
目撃できなかったけど



        どうなってるのぉ?2



困ったお顔を
撮っておいてくれた ☆ヽ(▽⌒) きゃはーん♪




お庭に面した大きな窓の
カーテン


カーテン1



ここからの監視がお勤めと
信じてるハックン
   ― 多分 (^▽^;)
大嫌いなワンsが通るたびに
何度も立ち上がって

ワンワン ワンワン!!
ワン ワワワン!!!


ワンs ―ブルテリさんとマルチーズさんとキャバリア軍団限定―
のお散歩ごとに
ほぼ決まった位置で
毎回。 
だから
一日に数回ずつ (;-_-) =3

ガリガリ×○回×爪の固さ×12kgの体重
の破壊力はかなりのもので
だんだん
縦の亀裂が・・・

おっきなハックンが
立ち上がってのパフォーマンスだから
長いものは
1mじゃきかない。

高さ220cm、巾90cm×2の
レースのカーテンの中央付近が
1年過ぎたら無残な状態に。


当初
買い替えてみたものの
1年半で2枚ずつ・・・

エンドレスの出費に納得できず、
かといって
通りに面してるからレースのカーテンなしはあり得ない。

自分の持ち場と信じてるハックンの
お仕事振りから
言ってきかせても無駄とわかってるし・・・

で、
買い替え遅延作戦に。


背に腹は代えられずと
破れを繕い、
ひどくなったら
左右入れ替えて中央部を交替。



             カーテン2



何とか数年は
持たせなくっちゃ (; ̄ー ̄A



実は、
ハックン自身も
グルグル巻きになったり、


どうなってるのぉ?1


こんな風に
裂け目に入り込んで出られなくなったり・・・

ときどき
カーテンにつかまってる (^ー^* )フフ♪











ええええっ!?
の事件が、立て続けに・・・

この夜、
またまたちょっとした事件
勃発!?



寒くなって来たので
お布団を出しておいたら

ポカちゃん
さっそく飛び乗って
「ふっかふかで 気持ちいい~~」


気持ちいい~




お布団に埋もれて寝ていた
ポカちゃん、

突然
がさがさっ

音と共に
大慌てで跳び下りて
うろうろうろ・・・


えっ
なに!?

見ると


さっきまで
他のところで
寝ていたはずのハックンが
同じように
うろうろうろ・・・



2ワンsの様子から
推し量ると


ポカちゃんが
お布団に
沈み込むようにして寝ているのに
ちっとも気づかず、

ハックンが
跳び乗っちゃったみたい Σ(^∇^;)



ポカちゃんと
接触したわけではなさそうだけど、

音と一緒に
ハックンの重みで沈んだお布団に
熟睡してたポカちゃんがびっくりして
跳び下り、


まさかの勘違いで
跳び乗っちゃったハックンも

ポカちゃんがいたなんて~!!!!!!

大慌てで飛び下り・・・ (>▽<;;



実は、ハックン
毛布には興味がないのだけど
若いころから
羽毛のお布団は大好き。


ゆったり~


生地はひんやり
乗ったらふっかふか
だから、かな? d(*⌒▽⌒*)b


これまでも
お布団にどーん

乗ることはしばしば。


ハックン、
いつか
ポカちゃんに遠慮しないで
お布団に乗れるようになるかなぁ?


隣り合って
寝られるようになったらいいね =*^-^*=
















ガジガジや
ネズミさん達や
ベッドや


財産


あと、
オレンジの小ちゃな毛布や
って
ポカちゃんの財産たち


とってもとっても
ポカちゃんにとって
大事なもの
だと
わかっていたつもりだったけど、


一方で、
お日さまに干すと
気持ちいい~
って
喜んでるとも思ってた。


どうも
ここに勘違いがあったようで

この日、
事件勃発!!



雨が続いた後の、ぴっかぴかのお天気、
湿気も取れて気持ちいいからねえ

午前中から
ポカちゃんの財産を日に干した。

で、
夕方取り込んだときは
相変わらずの
大騒ぎ。


ベッドを先にケージに入れて、
あとの品々をケージの外に置いてみたら
ポカちゃん、
急いで急いで
一つひとつにベッドに運び入れてく。

その姿が実に可愛くて
思わず o@(^-^)@o ニコッ♪ 


ところが、
運び込み終わったポカちゃん
一瞬の間があって

ふっくら膨らんだ
ベッドのクッションの中央にまたがり、
すっと腰を落として

ジョジョジョーーー


「ポカア!!」

思わず叫んだら、
慌てて跳び下りたけど

出るものは止まらず・・・
で、
ケージの床も
チー浸し。


ポカちゃん、
持っていかれちゃうのが
イヤでイヤでたまらなかったんだね!!

気がつかないで
ごめん m(*- -*)m


どうすればわかってもらえるか
必死で
「俺のだぞぉぉ!!」
って
縄張りの主張をしたのだろうなぁ・・・


でも、
だからといって
見過ごすわけにはいかないから
ベッドも
ネズミ達も、ガジガジも
すぐに取り上げられちゃった・・・



まごまごには叱られるは
必死で主張したのに
大事なものは
すぐまた持っていかれてしまうは

で、
失意のポカちゃん
「抱っこ~」


抱いてはもらったけど
すっかりいじけちゃって


いじけ1


カジカジカジしながら
ずーーーっと


いじけ2


全身で
いじけまくって


いじけ3


なかなか
なかなか立ち直れない。



ハックン
何かを感じとってるようで

居心地悪そうに
でも、
気になるらしく


大丈夫かな・・・


心配そうな顔で
まごまごとポカちゃんのそばから
離れない。



長い長いいじけに、
片手が全く使えないまごまごが
一計を案じ


いじけ4


毛布で
おくるみ抱っこしたら


いじけ5


やっと
落ち着いた。



ほかほかあったかくて
ベッドで寝ることが増えたのか

思ってたけど、


いい気持ち


ほんとうは
まったく違ってたのかも。


ポカちゃん、
取り出して
手の届かない所に持っていかれないように
ベッドにいなくちゃ、

思ってたのかなぁ



ポカちゃん
ほんとにごめんねえ m(*T▽T*)m


一度に全部取り上げられると
心配はマックスだろうから
少しずつ干して、様子をみてみよう。









「ご飯食べよ~」
になると、

まずは
「ハックン、座って」


まだ
長くは座っていられない
ポカちゃんは
この段階は指示なしだから、

足元で
キュ~ン クンクン
言いながら
うろうろうろうろ・・・

用意ができたところで
ハックンの前に
ご飯を置いて
「まだ待っててね」


次に
「ポカ、ハウス!」

ハウスに入ったポカちゃんに
「座って」

すんなり一度では座らない
ポカちゃんを座らせて
「待て」


その間
ずっとお座りで待ってるハックン、
ポカちゃんへの
「よし!」
を聞いて
「やったぁぁ~~♪ゝ(▽`*ゝ)ノワーイ♪ 」


だから、
「よし!」
には
じっと聞き耳を立ててる。



それが、この夜
ちょっとした事件勃発・・・



「ハウス!」

走ったけど、
ポカちゃん
たまたま閉まってた扉に
はばまれた!!


ケージ


「待って」

一旦停止させ
扉を開けて、
「よし」


ポカちゃんが
ダン!

ハウスに飛び込んだのと同時に、

離れたところから
カリカリカリ・・・


えっ!?

ハックンが食べ始めた・・・


食事1



ん!?
そんなぁ
ハックン、まだなのに・・・
どうしたのぉぉ???


思って
あっ、と気づいた。


「入って」
は知らない言葉だからと
ポカちゃんに、
「よし!」
と言っちゃったから

ハックン勘違いしちゃったのねぇ o(〃^▽^〃)oあははっ♪


叱らないで良かった。
ハックンにしたら
当然の反応だものねえ。



普段は
先に食べ終わるポカちゃん、
この日は
時間差がついて


食事2


ハックンが終わった後も
カリカリカリ
してた (*^▽^*)



実はハックン、
入れないときは
豪快に
お鼻でぐいっ!!

ケージの扉を自分で開けちゃう、
鍵がかかってない限り。


でも、
これをやると
お鼻の先が赤くなっちゃうので
扉はいつも開け放しに。

ポカちゃん、
ハックンのぐいっ!!
を見たら、
きっと
負けじとやるんだろうけどね ヾ(*⌒∇⌒)ノ