fc2ブログ
3月ころから始まった新たな

こっち、こっち~

ポカさんの思いがなかなか分かってあげられないまま日が過ぎる

日がはっきりしないけれど、またまた


      20230319 かまって~○
                   (2023.3.19)

クゥゥゥ

ステップの下で呼ばれて

はぁい 撫でてなの?

体を斜めにして手をいっぱい伸ばして指先でなでなで

ポカさんちょっと撫でられて、ほんの少しだけ手の届かないところにずれる
そうするとまごまごはポカさんに触ろうともっと体を倒して手を伸ばす
これを繰り返してポカさんは徐々にストーブの近くに移動

そうなると
もはやまごまごは頭をはみ出させてソファーベッドに寝てる格好
ついに手をいっぱいに伸ばしてもポカさんに届かなくなって

ごめ~ん どうしてほしいのぉ?  わからない…


諦めてそのまま寝そべっていたら
ポカさん、すり抜けるようにステップからソファーベッドに上がって


20230309 散歩後1○
                   (2023.3.9)

まごまごの体を乗り越えて、奥に行って寝そべった



もしかして…
まごまごを寝かせたかった?

ポカさんの「こっち、こっち~」の意図はこれ?

まごまごが諦めて寝そべってしまったのが、ポカさんにとって

まってました!

の大チャンスだったってこと!? ꉂꉂ(*´ᗜ`*)ァ,、''









スポンサーサイト



一番に思い出すのは何といっても
毎日点滴に通ってもハックの調子が日に日に悪化していった頃に
自分もハックも満足できるように編み出した

こっち、こっち~



後から来たチビのくせに
先住のハックにガウガウ威張ってばかりだったポカさんだけど


◆20170731寝場所2
                   (2017.7.31)

ハックの具合がどんどん悪くなってきてからは

まごまごの隣りに行きたいんだけど・・・

という静かなアピールに逆らうことは全くなく


◇20170730ポカ譲る


いつもいつも場所を譲ってくれてた


20170810腹痛2
                     (2017.8.10)

その後自分も体調を崩して
それでもハックの要求に応えて、必ずまごまごの隣りを譲るけど
やっぱり自分も隣りにいたい!
と考え出したまごまごの誘導作戦     


意図が伝わるまでのポカさんのねばり強いことといったら!!
オミゴト‼(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!



最近、ブログの記事を読み返してたら
誘導作戦の記事が他にも…

うんうん 確かに!  
歯磨きガムを確実にゲットするために    ☆☆

こっち、こっち~

やってたやってた ⁽⁽ ( *ˊᵕˋ ) ⁾⁾

記憶が薄らいでも記録で鮮明にされるのって有難いなあと改めて実感
d(d´∀`*)グッ!







―続々―












ちいちゃなちいちゃな 

クゥゥ 

の声と、目で訴えるポカさんの“ねえねえ”
ほぼいつもしっかりした思いがあってのことなので

意図がうまく伝わったら
ポカさん、大満足

通じ合えるとこちらも満足 (*˘︶˘*).。.:*♡

   まあ、ヒトの子と同じで
   忙しそうにしてる時に余計にかまってちゃんになったりして
   面倒な子ではあるけど  (´▽`*)アハ


        20230428 ボールと一緒〇
                   (2023.4.28)

一人遊び中の“ねえねえ”は

クゥゥ 
みてる?

うんうん 見てるよ~

だいたい単純
見守られてることをチラ見で確認しながら遊ぶ




意図が分かるまでに特に時間のかかった“ねえねえ”の
始まりは確か3月くらい 


20230304 ねえねえ○
                    (2023.3.4)

特に何かしてるのでもない時に
ステップの向こう側に立って呼ぶ“ねえねえ”

クゥゥ クゥゥ

何? どうするの?
なでなで?

手を伸ばすと、ちょっとだけ撫でさせるけど、すぐズレる
ほんの少し


ん?
どういうこと?

撫でてほしいわけじゃない
まごまごにやってほしいことがあるんだよね…

ごめん わからない…
何してほしいの?

ポカさんの意図がなかなか掴めない


ちょっとずつ動いて、その度にちょっとずつなでなでしてもらっておしまい
が何日も

特に焦れることもないけど
満足していないのは伝わってくる

ま、しょうがないか…

みたいな


なんだかこっちも腑に落ちなくて
何とかポカさんの思いをわかってあげようと思うのだけど 
ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット…





ー続くー  





この日かかりつけの病院で


20230413 通院3-1○
                   (2023.4.13)

爪切りと肛門腺絞りをしてもらい
最後に狂犬病の予防接種も受けてきた


20230413 通院4-3○


おウチに戻って
ポカさんにしては結構しっかりお水を飲んだ

普段はあまり飲まないのに珍しい



まごまごがリビングに戻ると


20230413 通院後2ねえ部分○


先に入ってたポカさんが足元に寄ってきて目で訴える

ねえ ねえ~


目を口ほどにモノ言わせて訴えることはよくあることだけど
このときは
じきに離れて、後は特に何事もなかった風にしてた

ポカさん、
何か言いたいことあったんだよね?


外から先に戻ってて
まごまごがお部屋に入ったタイミングで“ねえねえ”したのも珍しい
でも、
意志を伝えずに途中で止めるのほんとに珍しい (´∀` ; ; )


ほんとは何を思ってたのかな…










ネコちゃんの定位置は今


20230714 遺影、供花○


ここなのだけど

まごまごが手元に連れてきてることもしばしば




キーボードにネコちゃんを乗せて


20230820 PC遺影とネコ5○



20230820 PC遺影とネコ3○



20230725 PC遺影とネコ4


ポカさんの写真とコラボ "((∩´︶`∩))"





記録に残っていない場面のお顔や仕草のあれこれが目に浮かぶ
先住の子達と比べたら格段に多いのだけど
写真も動画も
もっともっと撮っておけばよかった… ( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )











“ポカの!”を自分のよく寝るところの近くに集めてたポカさん


20210615 ソファーで1-3
                    (2021.6.15)

普段はまあバラバラだけど


時々ふと気づくと
大事なモノ達にぐる~っと取り囲まれて寝てる


20200614 玩具と1加工〇
                    (2020.6.14)

この日はお顔の下にもまだあって、計6つ!    

どうやったらこんなに測ったようにぴったり並べられるんだろうと
不思議 ( *´艸`)ウフ 


ネコちゃんが“ポカの!”に加わった後も


20230304 玩具と3○
                    (2023.3.4)

こんな風だったり



長い間まごまごのお気に入りだったネコちゃんだから


20230306 ネコちゃんと2○
                    (2023.3.6)

こんな特別扱い見たら
ポカさんも気に入ってるのねぇ 
と思わず頬が緩む *゚✲ฺ٩(ˊᗜˋ*)و ✲゚ฺ*


それにしても、
どうやったらこんな風に自然な向きで寄り添って寝られるんだろうと
不思議だけど (´∀`*)アハハ









後ろのほわほわに下がったのは“ポカの!”達を集めてた場所だからみたい


        20221214 ネコ渡す2-1


一人で行って寝そべって…

    以心伝心 ワンコ流で誘ったからネコちゃんは自分で付いて来る
    と思ってた?


こない…

しば~らくすると戻ってきて


        20221214 ネコ渡す3-1


ネコちゃんに触って
自分では動かないから連れていかなきゃ、と理解した


20221214 ネコ渡す4-1


で、運んでいって 大事そうに


20221214 ネコ渡す4-2


抱きかかえて寝たり


        20221214 ネコ渡す5-1
                   (2022.12.14)

大好きなボールより近くに置いたり…
とにかく特別扱い

ま、新しいもの好きのポカさんだからね (ノ∀`*)ウフ



それにしても、この日以来“ポカの!”になったネコちゃんを
ポカさんがかじったり、放ったり、振り回したり、ポトッ遊びで落としたり… 
することは一切なかった ('∇^d) グッ!!‎

特別な仲間ができて良かったね (pq´∀`*)✩:+✧︎⋆パチパチ









退職時に持ち帰った私物の中にあるけっこうな数の縫ぐるみ

    仕事の関係で幼児向けに集めたものがほとんどで
    中にはコウモリとか珍しいものも  ((*´艸`*))

ほぼ使うことがなくなった

ポカさんに渡したら遊びそうなものもあるけれど


    20140510置物にもウウ!部分
                   (2014.5.10)

ポカさん、置物の犬でも目玉に反応して警戒したことがあるし   
リアルな縫ぐるみ達がかじられたり振り回されたりを見るのは忍びないし
と与えてこなかった


それが、
昨年の12月半ば
縫ぐるみのケースをたまたま開けて懐かしいネコちゃんを見て


          20140517ネコちゃん!③部分
                  (2014.5.17)              

おウチの子になる前、仲良しがいたに違いないネコ好きポカさん   ☆☆   
の反応が見てみたくなった

    もちろんネコと認識するとは思ってないけど (*´˘`*)♡フフ    


お洗濯したポカさんのマイベッドと一緒に2階から持って下りたら
ポカさん、目ざとくみつけて
マイベッドそっちのけで視線は縫ぐるみに釘づけ

    普段なら戻ってきたマイベッドに大興奮するのに    ☆☆☆

お目々キラキラさせて

ポカの!?

さすがに新しもの好き ヾ(≧∀≦*)ノ〃キャッキャ

ほしい? 
どうぞ 
ポカのにしていいよ~ 


20221214 ネコ渡す1
                    (2022.12.14)

もらってすぐは
伏せた脚の上に置いたまま 厳しい顔で何やら考えて


20221214 ネコ渡す1-2


そのまま頭を下ろし… 考え中


      20221214 ネコ渡す1-3


頭を上げると
穏やかな丸目だった

“ぽかの!”に仲間入りさせると決めたのかな





 ―続く―










ポカさんにあげた縫ぐるみのネコちゃん


20230519 ネコちゃんと寝る○
                     (2023.5.19)

気に入って “ぽかのぉ!”に仲間入りさせてよく一緒に寝てた



      20230725 縫ぐるみネコ2○


なんとも言えない穏やかな寝顔



ポカさんのお気に入りのなでなでを 
お膝で


       20230725 縫ぐるみネコ1○


       20230725 縫ぐるみネコ3○


ポカさんにしたみたいに そっとそっと     



寝顔が癒しで 長いことまごまごのお気に入りだったけど
そっとそっとそっと撫でてると癒される

ポカさんのおかげ ₍₍ (ᴗ̤ .̮ ᴗ̤ )₎₎ෆ♡アリガト~









ポカさんの写真をパソコンから選ぼうとしても
た~くさんあるし

あ、これ!
うんうん このときは…

なんて ついつい見入ってしまうし
1枚だけ絞るのはなかなか…  (*´ ˘ `*);; 


20230529 ボール遊び4呼ぶ○
                   (2023.5.29)

取り敢えず これにしよ~ (´∀`*)ウフ

この日は夜食に、ラムやサーモンやマグロや豚や…とそれぞれの味の
おじやを野菜入りで食べて


20230529 ボール遊び2○

    
日付けが変わる少し前、一人でボールで遊んでた

そのうち 小さなちいさな声で クゥゥゥ…

みてる? みててね~


ちょこっとハァハァしてるけど
ボール遊びしてたってことはご機嫌さんだったってこと (*ˊ꒳ˋd)


      20230529 ボール遊び4呼ぶ (部分)○


周囲をカットしたら ここでもポカさんおっきい!! 




ポカさんを看取った日の夜、
「ポンカン」という仮名の名付け親で
まごまごに託すと決めてくれた仮ママさんへメールでご報告

    埼玉で保健所にいたポカさん、
    保護団体Happy Pawsさん(当時)に引き出してもらった子   
       新しい犬生がこの日から
       
    このブログ、ハピポさんへの報告のために始めたもの



20230612 供花by仮母さん2○


後日、仮ママさんから立派なお花が届いた
有難うございました (*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾

    あの時ポンカンとまごまごを繋いでいただいたから
    ポカとのかけがえのない生活をここまで積み重ねて来られました
    
    引き出していただいて、一生懸命な命を託していただいて
    すご~く面白くて イヌっぽくないポカとの9年2ヶ月余!
    全ての始まりはこちら→      ☆☆

    ただただ感謝! ‬( ᴗ̤ .̮ ᴗ̤人)アリガトウゴザイマス  




20230613 皆一緒4○


みんなと一緒に写真を並べたら、やっぱり威張ってるっぽい… 

ポカさんだからね ꉂꉂ(˃ᗜ˂*)アハハ 











翌5日 
ポカさんを送る日


20230316 散歩1-1○
                   (2023.3.16)

ポカ
いよいよだね

お外ではいつもハーネスとリードがまごまごと結ぶ安心の絆
病院でまごまごと検査で離れてもこれをつけたら一緒に帰れると思ってたね

でも 置いていくよ
大事な仲間達とも一緒に行かせてあげられなくて ごめん

ポカ 一人で行かなきゃいけないの







―この後、お花で飾ったポカの写真載せてます (*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾






大丈夫 大丈夫 
ポカならできる

痛みに人一倍弱い 甘えんぼの寂しんぼと思ってたのに
最後、一人であんなにも頑張れたんだもの

立派な最期
誇らしく思ってるよ



20230605 お別れ前4-2花と小○



門の前で支度をしたお迎えの車に
お花も一緒に移し替えて 送り出した


いってらっしゃい
待ってるよ



2時間ほどで車が戻り
送ったのと同じ場所でお骨を壺に納める

    心臓と腎臓を患ってましたか?
    患部は色が違うのだと教えてくれた
    確かにその場所は他とはっきり色が違ってた


車が去り
全てを終えて骨壺を抱いてリビングへ


おかえり ポカたん!!



先住ワンコ達の壺の置いてある棚に並べようとしたら

!!

一緒に送りに来てくれてた次女が大笑い ꉂꉂ(˃ᗜ˂*)アハハ



      20230605 壺に納まって3



一番おっきいじゃない!!
ポカだね~!
ここでも威張ってる!!
    

    先々代のリーは7kgあって、小さな壺に8割ほど
    先代のハックは痩せても11kgほどだから、大きめの壺にそれなりに
    
    壺を見て、3kgのヨーキーと伝えてあるのに大きい…と思ったが
    ここまでとは!!
    ポカは大きな壺に2割にも満たない


勿論ポカさんのせいではないのだけど
小さい子にもこのサイズって時代の要請なのだろうか



20230605 壺に納まって1小○


思いがけず笑いをもらった (´▽`) '`,、'`,、


優しく見守ってくれる先住ワンコ達を従えて
ポカさん確かに威張ってそう

    写真選びが間に合わなくて
    ポカさんは次女のお友達が知り合いに描いてもらってくれた絵


ポカたん あんまり威張ってハックをどきどきさせないでね
リーもハックもポカをよろしくね












ポカさん、お気に入りの場所にお気に入りのモノ達を集める
これ、おウチに来た時には身につけていた習性

始めは玩具を独り占めしたいのだと思ってた
先住のハックには絶対渡さない欲張りさんだったから (´∀`; )    


20141201寝姿5小
                    (2014.12.1)

片付けて “ポカのぉ!”を全部纏めて管理してるみたいでもある    ☆☆    


20221206 玩具の場所4
                  (2022.12.6)

ハックが逝って一人になってからは 
大事な仲間だからみんな一緒にいなきゃという感じに…

だんだんシニア化が進んで覚えていられる数は減ったけど    ☆☆☆


20221208 卵ボール3○
                   (2022.12.8)

20230306 ネコちゃんと2○
                   (2023.3.6)

どんどん愛おしそうに接するようになってたね


20230304 玩具と3○
                   (2023.3.4)

ポカさん、寂しがりやさんだから
仲間といつも一緒がよかったんだね、きっと…








―この後、きれいに整えてもらったポカの写真載せてます (*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾





明日は一緒に行かれないから
今日は一緒にいよう
ポカさん集めて来られないから みんなに来てもらおうね





      20230605 お別れ前2-2玩具と〇小


みんなと一緒  良かったね




20230605 お別れ前3-2玩具と花と○


みんないるからね


ごめん タオルかけるね 
ソファーベッドの脇のステップの上
狭いけどまごまごの一番近くだから ここで
おやすみ~













おウチに帰って駐車場からリビングに直行
ソファーベッドの上で すぐ開く

ポカたん お帰り~!



  ―この後、きれいに整えてもらったポカの写真載せてます (*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾


バスタオルをかけてもらってお行儀よく寝てるポカさん
出ているのはお顔だけ

頭をそっとそっと撫でながら

うーん… どうしよう…


ポカさん、お布団の中にいるの好きじゃない
まごまごと同じ布団に寝てもいつもポカさんはお布団の上
寒がりさんのくせに冬でも


うん!
いつも通りにしよっか  
そしたら、体もなでなでできるしね ( ◜▿◝)ァ,、


20230605 お別れ前1-2 ○小


ポカさんのコート、つやつやでピッカピカ!
なでなでしたら ヾ(´ᵕ`*)ナデナデ
サラサラ!

湯灌してもらったんだ! (*˘︶˘人)♡*。+ 

ほわぁ~ といい香り…
男前になったね トッテモ.゚+.(o´∀`o)゚+.゚イイ!! 



冷房も保冷剤も
寒がりさんにはあまり要らないものだったけど
ポカさんがしばらくいつもの通りでいられるように
エアコンでお部屋の温度を下げる







―追記―


男前になったポカさんの左の口元からちょこッとはみ出した白い歯
これ、およそ1年前から      

その後特に変化はなく


20230508 通院5ー1○
                    (2023.5.8)

唇にきちんと納まってる時もあれば


20230524 通院6-1唇○
                    (2023.5.24)

しっかりはみ出してる時も (*´˘`*)フフ


お口の中の炎症から右の視力を失ったポカさんだから      ☆☆
なにか重大なことにならないか心配したけど
どうやらチャームポイントで済んだ ε-(´∀`*)ヨカッタ










真っさらの真っ白いバスタオルの上に行儀よく寝て
同じ真っさらなバスタオルをかけてもらって 
白い箱に納められて ポカさん、まごまごの手に戻ってきた
小さなお花と一緒に

    きれいになったポカさんのお顔に
    映画『おくりびと』の納棺師さんの様子が浮かぶ
    体調の悪い時は気の毒でずっとコートのお手入れができなかったから
    送る前にきれいにしてあげたい…と思っていたので 感謝 


ポカさんを隣りに見ながら全てを終え
病院の前に車を回して
道路で待っていてくれたスタッフさんから白い箱を受け取る

    朝駐車場に案内してくれた警備員さんに会えたのでお礼を言う
    駄目だったか… と一言
    スタッフさんと一緒に見送ってくれた


ポカさん、もうおウチへ帰るよ
一緒に

    助手席に乗せて帰るつもりが
    箱が意外に大きくてまごまごの軽では不安定そうなので、諦めて後へ
    一人で後部に乗ることなかったのに ごめん

いつも

だっこして~

って
すぐ助手席からお膝に移ってきてたなぁ…





―追記―

お膝に抱かれたときの微笑むような眼をした最期の寝顔
同じようなお顔がブログのどこかに… 

うん あった!     
カテゴリは「寝姿・寝場所」     


20211024 ひどくお疲れ3部分


20211024 ひどくお疲れ2
                  (2021.10.24)

帰省した大好きな次女と 初めて水入らずでお散歩して
お疲れだけど
ポカさんとしては大満足だった日の夜の寝顔

これこれ ((・´∀`・))ンフ♡









頭をなでながら究極の難問と向き合うこと1時間弱
ようやく一つの答えに辿りつこうとしていた


ポカさんが一旦思い込んだら
解くのが大変なことはまごまごが一番よくわかってる

この後まごまごが去って
なでなでしている手を感じなくなったら
ポカさん間違いなく、まごまごを求めて全力で動く
残された力は僅かだろうから
次に心肺停止になって呼ばれても間に合わないかもしれない…

それなら
ポカさんの唯一の願い

まごまごといっしょがいい!

を確実に果たしてあげられるのは
苦しいのにここまで頑張ったポカさんを安心させてあげられるのは
今しかない

ポカ お待たせ! 
抱っこしよう!


酸素のチューブを外してもらって
膝に抱いて 頭を支えて なでなで なでなで
ポカさんの体いつもより温かい

    Kさん、外したチューブをずっとポカさんの鼻のすぐ前に差し出して
    少しでも濃い酸素が吸えるようにしてくれた

    まだ心臓動いてます 強いですね…


心停止 10時48分

どれほどの時間が経ったかわからないが
抱き取った時から最期の瞬間まで
微笑むような眼をして 膝の上でただただ穏やかだった

この後診療台の周囲にカーテンが引かれ

急がなくてよいですから これで、と思った時に声をかけてください
体をきれいにして整えますので


治療のための線や管が全て外され、眠っているようなポカさんとの
水入らずの貴重な1時間が静かにゆっくり流れた後
そろそろ、と声をかける

Kさんが大事に大事に抱き取ってくれて

きれいに整えさせていただきます
    
ポカさん、まだほんのり温かい… 気がする…




 ―この後、ポカさん最期の写真
   苦手な方はどうぞここまでで (*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾ ―



















        20230604 最期2モノクロ風〇小
           (2023.6.4 水入らずの時間の終りに)









3人目の方は女性で
腹ばいになったポカさんを無理に横たえさせることはせず
そっと様子を見守りながら
咳き込んだりした時には素早く対応してくれて

なでなでしながら
保健所から救い出してもらった辛い体験があって、何年も
テレビからワンsの痛がったり悲しむ声がするとウロウロ探してたこととか
留守番は大丈夫だけど、
まごまごと離れるのが恐怖で、トリミングの後も何日も不安になることとか

ウチに来て以来ずっと先住のおっきなシェルティ―に威張ってたけど
その子が具合が悪くなってからはどれだけ後回しにされても我慢してくれて
いろんなことをいっぱい譲ってくれたこととか
その子に場所を譲ったけど、やっぱり自分も隣りに座りたくて
まごまごをソファーまで根気強く誘導して、それぞれ両側に座れるようにした
こととか

でも、いつもはっきりした意志があるだけに誤解させると解くのが大変なこととか…

そんな話をしてたら
モニターやポカさんを見守りながら
その方が、まごまご以上に涙と鼻水でグジュグジュになって…
ご自分用にティッシュを箱毎抱えて
まごまごにもひと箱渡してくれて

    初対面のポカの思いに深く寄り添ってくださったK先生―Kさん?
    優しい時間を有難うございました
    

20230304 自分のケージへ部分〇
                   (2023.3.4)

ポカさんが一旦思い込んだら
修正させるのが難しいことはまごまごが一番よくわかってる

そして、ポカさんの思いは分かってる
それを叶えるためにはまごまごが決断するしかないことも

ここまで
苦しい中でポカさんこんなに頑張って待ってくれてるんだものね…










軽くかる~く触れた指の腹でそっとなでなで… ( *´`)ノ(´˘`*)ナデナデ
これ、ポカさんの特にお気に入り

好きな頭の撫でられ方は
広い範囲をモシャモシャとか耳のそばを中心にクイクイとか他にもあるけど
軽~いタッチのなでなでは気持ちが落ち着くみたい

    昔飼ってた手乗りのインコや文鳥たちも
    こんな風にそっとそっと撫でられるのが好きだった (*´艸`*) フフ

なでなでしながら説明を受け
それからずっとなでなでしながら
いつかは選ばなければならない究極の難問に向き合う

時々ポカさんの体が大きく動くと
即座に応援が呼ばれ、急いでチューブその他を確認し、整える

数回そんなことがあり、付いてくれる方が3人目に交替し
なでなでし始めて40分ほど過ぎたとき
ポカさん
突然体を起こして一気に腹ばいになった!!

意識が戻ってる!
お世話してくれてた方が驚愕して慌てて大きな声で応援を呼ぶ
チューブの向きをポカさんの姿勢に合わせてくれた


不安と絶望の時間が続き、体がもたなくなって意識が無くなっても
ポカさん求め続けてくれてた…

いっしょがいい!!

分かってる!
まごまごに撫でられてるの分かってる!
ポカさんの一途な思い 必死な思い… 伝わったよ

    いつもはっきりした意志があって
    自分の思いをなんとかして伝えようとするポカさんだから
    どうしても分かってほしくて
    力を振り絞って起き上がったんだね…


命を繋ぐ唯一のものだけど喉に挿入された異物だから
意識が戻ったらチューブを噛みちぎる
だから全身麻酔をしないと…と言われたけど
    
ポカさん
咳込んで肺に溜まった水を吐いたが噛み切ろうとはしなかった


20230428 ボールと(部分)〇
                   (2023.4.28)

かなり早い時間に体を動かそうとしたのは
撫でてるのがまごまごだと分かったからなのかも
まごまごのところに行きたいと何度も体を動かそうとしてたのかも

意識はないと言われてそう思い込んでいたから
その時はそう考えてなかったけど… (人д`o)ゴメン    









診察台に横たわるポカさん
一度は止まった心臓がマッサージで動き出したそう  。o゚(´⌒`q)゚o。

口に挿管された酸素のチューブ
頭上のモニターに心電図と血中酸素濃度
血中濃度の値が85、時に65と目まぐるしく変わる

も一度温かいポカに会わせてくださって 神さま有難うございます
感謝します! (*ᴗˬᴗ)⁾⁾アリガトウ


触ってあげて

と言ってもらって
この後の説明はポカさんの頭をなでなでしながら

  肺炎の疑いもまだ捨てきれないので肺水腫と両方への処置をしてきた
  肺に溜まっている水は利尿剤で抜く必要があり
  これまで控えてきた利尿剤系の薬を使うことは腎臓を悪化させる
  心臓をもたせるには体から水分を抜かねばならず
  腎臓をもたせるには体の水分は留めなければならず
  真反対の治療が同時に必要で大変難しい

  今は意識がないが
  意識が戻ると異物のチューブを噛みちぎるので麻酔をかけざるを得ない
  そうなると全身麻酔による危険が加わる
  どちらにしても厳しい

  チューブから酸素を100%体に入れているのが今の状態
  それでも血中酸素濃度が思うように上がらない
  いずれICUに戻す時にはチューブは抜くことになるが
  そうなれば高濃度酸素室とはいえ
  体内に取り込める酸素は少なくなって今よりさらに危険な状態に  
   
で、これからについて

  病院に預けて治療を続けるか
  この後心肺停止になった時の蘇生処置をどうしてほしいか
  
  心臓マッサージは肋骨が折れる危険も伴うので
  長く続けることは勧められない
  今チューブを抜くと酸素が不足して数分で心停止に至る

じっくり説明してくださった循環器が専門という最初の先生は
ここで別の方と交替
この後、一人、又はポカさんの状況に合わせて二人が
片時も離れず見守ってくださる

急がなくてよいからという初めの先生の言葉通り、
ポカさんと向き合う時間が大切にされているのが実に有難い


20230502 マイベッド1 横〇
                  (2023.5.2)

ポカさん
まごまごが撫でてるってわかるよね!
体の場所によってお気に入りの撫でられ方がある拘りポカさんだものね









気づいたら少し眠ってた
ポカさんも疲れて少しは眠ったかな…


このところ何を食べるかは全くの手探り
だから書類の好きなフードを書く欄に何も書けず
どうしても食べない時は?と訊いたら、「シリンジで」との答え

そりゃそうだけど…

    先住のハックには腎臓サポートの餌をシリンジで飲ませてた
    いつも嫌々だったけど我慢強く
    毎回大変協力をしてくれてどうにか飲ませられていた

ポカさんは宥めてもすかしてもそんな協力は絶対しないから
そろそろシリンジで好きな飲み物を飲む練習を始めないと
と思ってた矢先にこんな形でとは (-公-、)ウ・・


8時半 電話のベルに出た家人が

ポカが心肺停止だって!

と受話器を差し出してくる

え? (|||O⌓O;)

実感のないまま受け取る

心肺停止で蘇生処置をしています
どのくらいで来られますか?

日曜なので 40分くらいかと

40分ですか!
それまで持つか…

深刻な声だった

出来るだけ早く伺いますと言いながら
どうしてもの時は処置を止めていただいても…
と言わざるを得なかった


運転しながら祈る

わたしが着くまで どうぞポカのいのちを繋いでください!


    病院前にいた警備員さんに事情を話し一番近い駐車場を尋ねると
    裏の路地に病院の駐車場が少しだけあると教えてくれ
    走り出した車を追って来て、分かりにくいからと乗って誘導してくれた
    確かにわかりづらかった… 感謝

受付で名乗って待つ
直に案内されて3階の診療の現場へ

診療台の上に
ポカ…


20230603 通院3-1〇
                  (2023.6.3)









1週間の入院…

ポカさんにはまごまごに捨てられた!と思い込むしかない1週間
元気になってもらうための仕方ない選択と思うけど  ハァ━(-д-;)━ァ

お散歩でワンコが近くに来ただけで心臓バクバクのビビリのポカさん
苦手なワン達の声や臭いだけでもどんなに心臓に悪いか…
苦しい中でのたくさんの検査
まごまごに捨てられたと思う不安と悲しさ

絶対捨てたりしてないよ
まごまごと一緒におウチに帰れるからね

って なんとか伝えてあげたい


入院したポカさんに会いに行って、帰ってしまったら
また置き去りにされたと思うだろうから
退院まで行かない方が良いかもと思ってたけど
やっぱり会いに行こう

捨てられた!!
との思いを何度も味わわせるのは忍びないけど
点滴のときの思い込みを自ら修正して乗り越えたポカさんだから   
きっと3回目には
まごまごは捨てたんじゃない また会える
ときっとわかる…



20230603 通院4-5○
                   (2023.6.3)

空が明るんでくるのを感じながら
車の中で
そんなことをぐるぐるぐるぐる…考えてた










4日に日付けが変わった頃
夜食を美味しく食べたポカさん、満足してぐっすり (人-ω-)゚*。zzz
のはずだった

    夕飯の後長くて気になったハァハァ…
    夜食後もなかなか治まらない
    特に口を大きく開けて苦しそうというわけでもないのだが
    
寝る気で、ソファーベッドの畳んだ布団の上に来て ホリホリ・・・


20230519 ホリホリ1〇
                  (2023.5.19)

    近頃は何でもない時に7、8回ホリホリ…ってしただけで
    息が上がってハァハァしちゃうんだから
    今日は止めておこうよ
    と言いたいけど、横になる前の儀式みたいなものだし (-∀-`; )

ストンと寝そべってみるものの10秒ほどで起き上がる

治まる気配がないまま、もうかれこれ1時間以上
いつになく長い…

ポカさん、場所を変えてマイベッドに行ってホリホリして伏せるが
なかなか寝に入れない
諦めたようにそこからも出てきた

伏せると胸が圧迫されて違和感があるのか
横になると呼吸が苦しいのか…

さらに30分ほど経過
特にひどくなってはいないがずっと続いてて
ポカさんも落ち着かない
このままでは疲れてしまう


遅ればせながらネットを検索
パンディングは心臓病の子では肺水腫が疑われ、危険…

かかりつけの診察は朝10時から
そこまで様子を見ていて大丈夫なものか…
長い…
夜間救急に電話で相談してみよう

まごまごが立つと足元に来て

ちょっとへん… なんとかしてくれない?

というようにじっと見上げてくる

    お目々は真ん丸で
    少し口を開けて
    愛想よく笑ってるみたいでキュートだけど
    ポカさんそういうタイプじゃない

 
      20230401 通院後2-1 部分〇
           開き方はこの程度  (2023.4.1 散歩後) 
    
待って 今訊いてみるからね

結果はやはり肺水腫が一番疑われるとのことで
取り敢えず連れて来て検査して一晩入院を、と勧められる

    電話の先の夜間対応の病院は
    先住のハックもニャンsもみんな夜中にお世話になった

1時半過ぎ、家人を起こして事情を説明、運転してもらって向かう
なるべく負担が少ないようにまごまごの膝に抱いていく
30分ほど寝そべった体勢だったが特にソワソワすることはなし

到着は2時半前くらい
預かります、とすぐポカさんは連れていかれ検査

レントゲン他取り敢えずの検査の結果が出たからと説明があり
やはり一番の疑いは肺水腫だけどもしかしたら肺炎の可能性も、と

翌日かかりつけへの転院もありと言われたが
移動の間のリスクや転院先のICUの設備等の諸々を考えると
動かさずにそのまま入院させるのも選択肢の一つ、と新たな提案

キライな車に我慢して乗せられ、挙句家に帰れないのでは
ポカさんにとっては何の良いこともないので
そのまま入院させてもらうことにする
取り敢えず予定は1週間


提出を求められてあれこれ書いた中にあった
「心肺停止の際の蘇生処置」の希望の有無についての書類

家人と意見が真反対で、最後まで書けずにいたら
看護師さんが声をかけてくれた
「迷うなら希望するにつけておいたら」
「口頭で『これ以上は望まない』と言えばそれでよいので」と

なるほど、と希望するを選んで提出
「そうなった時は自然に逝かせればいい」との自論は持てず
かといって、いつまでも蘇生処置を…も違うと思うけど
究極の難題に直面して納得のいく選択が出来るのか 自信は…
ない 


帰り際、看護師さんがスマホの写真を見せてくれた
つい先ほどのポカちゃんの様子です、と

    ハァハァしていないのはおそらく緊張から
    検査もあるし、ずっと寝てなくて
    横になれなくて、寝られなくて体持つのかな…
    ご飯しっかり食べられてよかった!

家に戻るとほとんど夜が明けていた


       20230524 通院1○ 
                  (2023.5.24)

おウチの子になって以来、初めての外泊
具合が悪くて、しかも知らない場所で、とても寝られないのに
い~っぱい検査をされるの、大大ストレス
そして、最大のストレスはまごまごがいないこと…
ポカさんの側にいてあげられたらよいのに 。゚゚(*´□`*。)°゚。。。。。。
 













ポカさんとの生活の記録を残したくて、遅れおくれながら埋めてきましたが
なかなか追いつけず、すでに半月経ってしまいましたので
ご報告をさせていただくことにいたしました


6月4日の朝、ポカ逝きました


20230612 玩具と供花と1〇


長い間伏せて、ポカを心配し応援してくださっている皆さまを
結果的に騙しているようになってしまいましたこと、お詫び申し上げます
すみませんでした (*_ _)人ゴメンナサイ

ご挨拶の前に最期までのことを、と思っていましたが叶いませんでした
書き残しておきたいことが多くて
思うほどまとまった時間が取れない中、ここまでかかってしまいました


       20230603 通院5-2○
                  (2023.6.3)

    ポカを偲ぶにあたっては
    周りをすべてそのままにしておきたい
    そしたらあらゆるところで感じることが出来るから
    との思いが強いですが
    翌日には家人からケージを撤去すると言われました
    「見ると思い出して辛いから」と
    火葬して見送る日のことでさすがに我慢してもらいましたが
    その後数日で、ポカに関係するものはほぼ視野から消えました


       20230524 ボール遊び4-8〇
                   (2023.5.24)
    
    すっかり変わってしまった部屋でポカを思うのはとても切ないですが
    まごまごのいない時間も長く家にいるのは家人なので


20230524 ボール遊び5-1○
                  (2023.5.24)



これまでお部屋を覗いて、ポカを見守ってくださって有難うございました
こころから御礼申し上げます

最期までのことやポカのあれこれをボチボチ加えてまいりますので
どうぞまた覗いてやってください (*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾ヨロシクオネガイシマス









5月最後の日に週2、3回の予定で始まった点滴生活
早くも3回目という想定外の展開 

    1日の真夜中 ポカさん、吐いた
    ただ、消化の状態は良好 (*´∀`)=3 ホッ

    その後は普通に寝て、吐くことはなかったけど
    朝起きてからはひと舐めすらしない

    翌2日は病院の定休日
    全く何も食べないで丸2日間は持たなそうだし嘔吐も心配だし…
    で、2回目の点滴と吐き気止めの注射

        まごまごは時間の都合がつかず、連れて行ってもらう


20230531 通院2
                   (2023.5.31)
      
    点滴から帰った後にまごまごも一時帰宅してあれこれ試すが
    初回の日と違って何も口にせず

    夜10時に帰宅したら
    待っていたように、大量の下痢便

        とにかく食べた方がよいと言われたからといろいろ試して
        何とか舐めた!と言ってた生クリームのせい?
        それとも、腎臓が悪化?  分からないが…

    2日の昼まで度々の下痢

    下痢の度にお尻の始末に時間がかかる
    ポカさんいつものように協力的で、何回でもじっと頑張ってるけど
    だんだん力が入らなくなって… (〃ρ∩°`)ウゥ…    


20230603 尻毛括ったまま2○
                   (2023.6.3)

    ポカさんも疲れるし、まごまごの外出時に始末してもらえない
    どうしよう…
    考えた末、せめてもと尻尾と左右の3方向に、やわらかいゴムで括る

    夕方からはチュールは少し舐めるようになり、便も止まってるとのこと
    夜帰ったら、思ったより眼つきも動きもしっかりしてた (* ´ㅁ`*)ホッ
 

そして迎えた3日、
朝から総合食のチュールは舐める
眼つきや動きはよいし、手舐めもするので体は辛くないらしい
参考までにと量ると3068g

    嘔吐も下痢もあったし、食べてないから減っていて当然


20230603 通院2-2○
                   (2023.6.3)

昼に3回目の点滴と下痢止めの注射に

初回の点滴では拗ねたポカさんが
数分間じっと動かず、下痢止めの注射の後普通に抱かれる!


20230603 通院4-4○


時間は長いけど終われば抱っこで帰れる、と3回目にして受け入れてた
(*-ω-)ヾ(´∀`*)エライエライ♪    


夕方、シーザーの缶詰を半分ほど食べた!と連絡が

    その後一寝入りして起きるとボールで遊び、
    普段しないのに自分から甘えてきたとも

夜帰ると元気 d(d´∀`*)グッ!
食べられるとこんなにも毛艶がよくなるんだ!と感動
ハァハァが長めなのは気になったが
それも治まってぐっすり


10時半を回っていつもの夜食の時間も起きて来ないけど
寝かせておけばいいかな…
と思っていたら、11時に起きてきた

牛とまぐろのシーザー缶の残りを食べ、ラムもしっかり食べる
ラムの買い置きはないけどいつでも買えるわけでもないし
明日食べてくれそうなものは?と考えて
これまで匂いに舌なめずりはするものの全く食べなかった
“取って置き”を出したら 
食べた! (v´∀`*) イエーイ♪

    長女の家のワンが腎臓機能悪化で何も食べなくなって
    毎日の点滴の生活が続き、殆ど動けなくなった時巡り合った
    「犬の幸せ サリーとダリオ」の超こだわりのレトルト
    元気に走り回るまでに回復して早や1年半!!
    なので、最後の砦と思って購入していたのに食べてくれなかったもの
    
牛と鶏とどちらも美味しそうに食べて満足げ
食事前後で量って、体重差60g


3日ぶりに2食もしっかり食べられて 
急降下した後の急上昇 。・゚・(´□`*)・゚・。ヨカッタヨカッタ!!


20230529 ボール遊び4呼ぶ○
                   (2023.5.29)

明日から仕切り直しね









27日のラム肉効果は翌日も続いて、取り敢えず一息 ε-(´∀`*)ホッ

いつプイ!となるかわからないし、食材も早く使いたいので
29日にはマグロやサーモンや豚のおじやにも挑戦

    一応どれも食べるけど
    とりわけ反応の良いのは肉はラム、魚はサーモン (∗ˊᵕ`∗)ルン♪ 


20230529 ボール遊び3○
                   (2023.5.29)

30日、野菜や粥にはあまり食欲を示さなくなってきた ( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )
でも、ラムやサケそのものは喜んで食べる
ラムの茹で汁をかけるのも有り!

栄養面で偏っているとは思うが
とにかく食べてくれるものがあることは有難い (*´﹀`*)


20230519 ホリホリ後1部分○
                   (2023.5.19)



そうこうして迎えた31日
朝の出だしはいいウンをして、特に変わった風はなかったのに…
9時過ぎ
全くなにも食べない!
10時過ぎても
どれ一つ舐めることすらしない!
こんなの初めて!

昨夜まで食べてるから体重が急に減ったわけでもないし…
様子を見ていてよいものか
点滴を受けさせた方がよいものか…

悩み悩み見ていると


      20230531 通院1大儀そう
                  (2023.5.31)

だんだん大儀そうになってきたので
病院に電話で相談

「何も食べないのなら点滴を受けたら。その方は楽になるから」

それで、急遽午前の診療終わりに合わせて病院へ


20230531 通院4


受付して戻ったとき
運転席にいるポカさんを動かさなくてすむように助手席に乗る
案の定、動く元気なし


20230531 通院5


……  ( ´^`° )ウッ


じきに呼ばれて点滴初体験
針を刺されながら
頭をなでなでしてるまごまごのところに来ようと何回も試みる

お利口だね~! 我慢我慢! もう少しね!

声はかけるけど大きな声でないから聞こえてないのは分かってる

そこにいるのにいかれない
そこにいるのに抱いてくれない

小さなポカさんの点滴はほんの数分だったけど
終わって抱っこしようと手を伸ばしたら
すっと背を向けて
後ろを押さえてくれてた看護師さんの手元に顔を埋めてじーーっ

先生にも看護師さんにも「こんなことするんだ!」と驚かれた
こんな風に拗ねるワンコ、初めて
ポカさんもこんな風にしたの、初めて

頼りたい時頼ってよいはずの人がそこにいるのに
何もしてくれなくて、頼れなくて
ホントにホントに悲しかった心、伝わったよ

ポカさん、ごめん (。-人-。) ゴメンネ


20230531 通院8点滴後


帰りは少~し元気


1時間後、だいぶ元気になって
この日初めて豚肉のおじやを食べた

夕方はあまり食べなかったそうだけど
点滴もして、朝飯がお昼すぎだったから無理もない

夜食は粥はイヤだけどラムやサケなら…と食べて
前後で体重を量ったら40g増


24日に再度の血液検査をして


20230524 通院4-3○ 
                  (2023.5.24)

腎臓の数値が僅かだけど下がった、と言われて喜んで
点滴はまだしばらく先のことと思っていたので
1週間後に始まるとは!
だけど
取り敢えずは良かったよかった ε-(´∀`*)ホッ

点滴生活は週2、3回からだって










25日から一段と食べられなくなる

チュールとかを見せると寄っては来るが、指先に乗せたのを少し舐める程度
朝は特に食欲なし
なので、朝ご飯の時間を繰り下げて9時半過ぎにしたり…

夕飯はまごまごはいられないのでやってもらう
欲しそうにするけれどあれもこれも食べない…の繰り返しだそう
それでも、朝よりは食べられるらしい

夜食は元々少量だが、多少食べる気を見せ
ちょっぴりのお薬入りが終わってから
カリカリを足すとその分はトッピングなしでも食べる


     20230524 見てる?○
                   (2023.5.24)

缶詰主体にしたり、トッピングの種類をいろいろ変えたり
試し試し何とか食べさせるようにしてきたが、栄養的には
恐らくポカさんに必要な摂取量の1/4弱くらいしか摂れてないはず

    少し食べる気になる補完食が数種類あるせいか
    今のところ体重は減っていない


       20230519 待つ1○
                   (2023.5.19)

食べられない間は薬は飲ませなくても何とか経口で食べさせてと病院から
とはいえせめて心臓の薬(朝は胆汁のための肝臓の薬も)だけは
と何かしらに混ぜて誤魔化しごまかし食べさせてきたが
26日の夜食で遂に砕いた薬が残ってしまった

    残りはなんとか受け入れる「とりぷる~ん」少々に混ぜて
    ご飯とは別の時に上あごに塗りつけた
    僅かな量だったので何とか成功!


27日朝、ポカさんのマイベッドに大量の嘔吐の跡
消化出来なかったのね…
うーーん、気づいてあげられなくて
ごめん…

    ただ、朝はごく普通なので様子見


午前中はチュール状の「とりぷる~ん」を2本半のみ

夕飯の缶詰も今までより更に僅かな量だったと聞いたので
何かしら食べてほしくて
夜、ラムと豚とマグロとサケを少しずつ買って帰る


       20230519 待つ2○
                 (2023.5.19)

取り敢えず
ラム肉中心の手作りご飯でお試し

!!

予想以上にガツガツ美味しそうに食べた ☆*:.。.o(≧▽≦)o.。.:*☆
食べるなら…と混ぜた心臓と腎臓の薬も難なくクリアし、数度のお替わりで
ラム肉40g程に野菜と粥もしっかり平らげた v(o´∀`o)vヤッター!! 

まだほしそうにしてたけど、吐かれては元も子もないから
「とりぷる~ん」を舐めさせて終わりに


この夜
美味しく食べられてご満悦のポカさん


20230527 伸び伸び寝
                    (2023.5.27)

その寝姿が実に伸びやかで気持ちよさげ ((・´∀`・))フフ♪

ラム肉最高~













ポカさん、体の汚れが目立ってきたのでドライシャンプーすることに
前回のシャンプーがハァハァがひどくて気の毒だったから
次からはドライシャンプーと決めていた

汚れたお尻をドライシャンプーで、は今までもあるけど
本格的には初挑戦

シャワシャワしないのに全身濡れた感じになって来たら

えええ~

どんどんイヤそうなお顔になってきた (ノд`;)

ごめんね… もう少し!

急いで拭き取ってストーブの前へ


       20230519 ドライシャンプー1○


座り込んだ

ポカさんが座るの、珍しい
疲れちゃったのね ( p′︵‵。)


20230519 ドライシャンプー2○


大好きなはずのドライヤーの風にも嬉しそうな様子はなく
伏せた・・・


       20230519 ドライシャンプー3○


早く終わらせたいので
気の毒だけど立ってもらって

ブォーーーーッ


       20230519 ドライシャンプー4○


ちょっとずつ丸目になってきた


        20230519 ドライシャンプー終了3○


おしまいにしようね
頑張ったね!

お疲れさまでした (⌒∇⌒*。)









疲れが抜けにくくなってきたポカさんの         ☆☆    
体調に合わせて
お散歩の間隔は様子見ながら  

たいていは2~3日空けていくのが普通のペースになっていたのに
予定した日からしばらくの悪天気で
久しぶり


       20230516 散歩1-1


コートのお手入れが済んだら

おさんぽ いくよね
はやく~!

と態度と視線で誘い
まごまごが玄関に向かうと分かると

ワン! ワン! ワン!


玄関で おいで~! されて

    それでも動いたのはビオフェルミンをチラ見してからだった
    o(≧▽≦)o


       20230516 散歩1-2

 
思わず走り出てきて

!!

このお顔 (^⌒^*)


      20230516 散歩1-3


駐車場からの出入りがすっかり定着


20230516 散歩2-2


長い方の坂を上って


        20230516 散歩2-3


20230516 散歩3-1


坂上を右に行った駐車場脇でいつも通りに情報収集した後


         20230516 散歩4-1


めずらしく大通りに出る正面の広い道を選んだ

 
         20230516 散歩4-2


けれど、10mほど行くとくるんして引き返す


           20230516 散歩5-1


帰りはグレーチングを華麗にジャンプ ヽ(∀`o)ノ

    ためらいもせずに飛び越えるの、久しぶりに見た (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


         20230516 散歩6-1


始めの坂を下って


         20230516 散歩6-2


おウチの前で念入りにクンクンして


          20230516 散歩7-2


もう一度長い坂の方へ


20230516 散歩8-1


1/3くらい上ったら、再度下って


20230516 散歩8-2


おウチの前


         20230516 散歩9-1


素通りはしないで駐車場の左端から入る


        20230516 散歩9-2


階段が正面だから、ここからの時はすんなりお庭に戻れる


       20230516 散歩9-4ハァハァ


玄関を開けるとちょっと入ろうとしたけど


       20230516 散歩9-6ハァハァ


体と足を拭く用意をしてる間、外で待ってた

お待たせ~ 暑かったね 



久しぶりのお散歩でちょっとだけど久しぶりの道にも行って、楽しかった? 
よかったね ((*´∀`))ノノ ‘`゚チ’`゚チ










腎臓の症状が悪化すると食べられなくなるので痩せてくるから
体重の減少に注意、と言われている
先住犬のハックの経験からも、それは重々承知している

ただ、カリカリを数粒ずつ多く食べただけで影響の出る体質のポカさんが
胃腸の弱い子用のカリカリだけでは喜ばなくなって
缶詰などあれやこれやを足して食べさせることが多くなったから
よく食べるから安心という訳にもいかず、カリカリの量で加減して来た

だから食べられなくなって痩せたとは思っていなかったけど
2週間で100g減との指摘に
月1程度、午前中の散歩の後にしていた体重測定を日課にすることに


      20230511 体重測定○
                  (2023.5.11)

条件が揃えやすいので、量るのは夜食の前
4月12日午前の散歩後の体重が3169gだったから
基準はその辺りに

5月8日  3099g   測定開始  
              ※翌日の缶詰を増やすと順調に増加
  10日  3163g   夜食の缶詰を少しだけ増やす   


 20230511 体重3188g〇


  11日  3188g   ! 油断すると増える…
               ※翌日の夕飯用のカリカリを10粒減らす
  12~16日  3176~3178g
               ★14日 呼吸荒く数値定まらず(3169~3189g)
  17日  3186g
  18日  3178g
  19日  3206g   ★急な増加はウンが溜まっていたからかも (´∀`)

食べられなくなって痩せたわけではないと分かって一安心


ポカさん、体重測定はキライじゃない
ご褒美のビオフェルミン効果かもだけれど 

夜の測定を始めて2、3日め
まごまごが何かで箱を載せるのが遅れたら
スケールにじかに自分から乗ろうとしてた ヾ(o´▽`)ノ゙キャハハ

    初めての日、じかに乗せたらツルツル滑ってしまって量れず   
    それ以来ずっと箱に入ってもらってるのだけど     

写真撮れなくて残念!!
可愛かったのにぃ! 





          



食欲がないのか、単に美味しい味を覚えたからなのか
わからないけれど
ジュレタイプのトロトロ餌は見向きもしなくなり
何とか食べてもらわなくっちゃ
と毎食チュールで釣って様子を見ながらのご飯

こうなると、砕いた薬を全部飲ませるのは難しい
ので、たっぷりのチュールにくるんで最初に食べてもらう作戦に変更

今朝食べたチュールも
夜は鼻を寄せてすぐさまプイ!したり…

終わりの2日は
臭いの違うチュールに変えてみても プイ!
するので、いよいよ…とシーザーの缶詰を足したら

ガツガツ!!

やった ヽ(・∀・)ノヤッター☆
となったところで連休が開けた

さらに2日乗り切って


20230508 通院1ー1〇


薬が後2日分になったところで予定通り病院へ

さむ… 


20230508 通院2ー1〇


ガクガク震えが止まらない
すぐには温風が出ないからしっかりコートにくるんでいく


        20230508 通院3ー1〇


車内に残して受付して来ると

さむぃぃ…


20230508 通院4ー2〇


暖房が効いてきて


        20230508 通院4ー3〇


ウトウトウト…

この後ポカさん、呼ばれて採血


20230508 通院5ー2〇


右後脚に3回トライされて失敗!
で、反対側で、と向きを変えて左後脚からの採血
成功はしたもののすご~く長くかかった

    フィラリアの検査もお願いしたから量が多かったのかも…
    ポカさん、ごめん!!


20230508 通院8ー1〇


最後まで黙って、じーーっと耐えてたけど
ウチの子になって以来一番長くて痛い採血だったね (ノω・、) ウゥ・・・


20230508 通院8ー2〇


会計を済ませて戻ると、そそくさと膝に乗ってきた

はやく かえろ・・・

うん、もうおしまい
お利口さんだったね!
おウチに帰ろ!!


20230508 通院後1〇


検査の結果は後から電話で聞いた

数値がよくなっていないけれど
お薬は増量不可だそう

今後食べられずに体重が維持できなければ
点滴にたよるしかない、と

検査結果も痛すぎる…

    体重は2週間で100g減と言われたけど
    おっきなワンsも計る病院の体重計に誤差が大きいのは経験済み
    それと、足し増し分を加減してたから言われた通りとは思えない
    と前向きに考えて、食事と体重管理をしっかりしていこう!










ポカさん、お薬を口の奥にポイ!と入れて、口を押さえてお鼻にフッ!
は受け付けない
仕方なく砕いてトロトロ餌に混ぜると、これは喜んで食べていた  

最近は心臓と胆汁の薬に腎臓の薬も2粒増えて
カリカリを混ぜても、真っ黒でなんとも食欲をそそらない (´_`。)グス

とはいえ特に味はしないようで、普通に食べていたのに


20230423 夜食1部分〇
                      (2023.4.23)

連休初日辺りから怪しくなり
5月に入ったら 
臭いを嗅ぐ素振りだけで プイ!

薬はまだ4日ほど残ってるけど…と
かかりつけの病院に電話してみたら、先生が出てくれた
でも、5日までは休診で、土曜からとのこと

薬はダメなら飲ませなくても、とにかく食べさせるようにって

チュールは舐めてくれるので
いっぱい混ぜたら食べた! 🙌🙌🙌
と一喜一憂


夜食の後の〆めは飲むヨーグルト

   糖分を取り過ぎ!となったことがあるので、
   ほんの僅かをお水で薄めて (^_^;)


       20230423 夜食4〇


これはずっと飲んでた  



食べられなくなったら点滴を、と言われてるから
なんとか頑張って食べてもらわなくちゃ

お薬も一緒に食べそうなものは…
チュールがイヤになったら次の手はどうするか考えないと